CF2.5製アプリにAdMob広告を導入する【iOS編】

前回の記事で、スマートフォンアプリ向けの広告サービスの『AdMob』を『インディゲームクリエイター Clickteam Fusion 2.5(CF2.5)』で作成したAndroidアプリケーションヘ導入する手順について解説しました。
今回は、CF2.5製iOSアプリにAdMob広告を表示する手順を解説いたします。
※AdMob広告の導入は『CF2.5』のDeveloper版でのみ可能です。

– Mobile App Monetization, Analysis & Mediation – Google AdMob
https://www.google.co.jp/admob/

– ゲーム開発ソフト インディゲームクリエイター Clickteam Fusion 2.5 商品詳細|Clickteam 公式サイト
http://www.clickteam.jp/product/clickteam-fusion-2-5-developer

– オリジナルゲームを iOS や iPhone にエクスポート|Clickteam 公式サイト
http://www.clickteam.jp/product/ios-exporter

続きを読む CF2.5製アプリにAdMob広告を導入する【iOS編】

フォーラムの利用にログインを必須といたしました

平素より、当『インディゲームクリエイター Clickteam Fusion ブログ』をご覧頂きまして、誠にありがとうございます。
さて、当ブログに設置いたしておりますフォーラムでございますが、海外からのスパム投稿に埋め尽くされる事態が発生しております。
1件ずつスパムにマークして対応しておりましたが、きりがないと判断しまして、フォーラムの利用の内、『新規トピックの作成・返信』につきましてログインすることを必須とするように設定を変更させて頂きました。
アカウントの作成は、右カラムのユーザー名とパスワードを入力するボックス下にある『登録』のリンク、ページ最下部の『メタ情報』内にある『登録』のリンク、もしくは下記のリンク先から行うことができます。

– 登録ページ
http://blog.clickteam.jp/wp-login.php?action=register

ユーザーの皆様にはご不便をお掛けいたしまして申し訳ございません。ご理解の程、宜しくお願いいたします。

CF2.5製アプリにAdMob広告を導入する【Android編】

今回は、スマートフォンアプリ向けの広告サービスの『AdMob』を『インディゲームクリエイター Clickteam Fusion 2.5(CF2.5)』で作成したAndroidアプリケーションヘ導入する手順について解説します。
過去の記事で、海外ユーザーの解説動画をご紹介しましたが、現在では当時のバージョンとは多少手順が変わっていますので、改めてこちらを参考にして頂ければ幸いです。
※AdMob広告の導入は『CF2.5』のDeveloper版でのみ可能です。

– Mobile App Monetization, Analysis & Mediation – Google AdMob
https://www.google.co.jp/admob/

– ゲーム開発ソフト インディゲームクリエイター Clickteam Fusion 2.5 商品詳細|Clickteam 公式サイト
http://www.clickteam.jp/product/clickteam-fusion-2-5-developer

– Android デバイス/OUYA 用のゲーム制作に必要なエクスポータ|Clickteam 公式サイト
http://www.clickteam.jp/product/android-export-module

続きを読む CF2.5製アプリにAdMob広告を導入する【Android編】

CF2.5 ビルド285.8公開

『インディゲームクリエイター Clickteam Fusion 2.5』最新版ビルド285.8へのアップデートが公開されました。
アップデータには本体の更新以外に各種エクスポーターの更新も含まれています。CF2.5の上部メニューの『ヘルプ』→『アップデートを確認』よりアップデートを行ってください。

※アップデート前には、ご自身が作成しているアプリケーションのデータファイルのバックアップは忘れずにお取り下さい。

下記リンクにて本家Clickteamより修正点のリストが発表されています。
http://www.clickteam.com/webftp/files/mmf2/ChangeLogs/285.8.final.txt

日本語訳はこちらです。
– ビルド 285.6 変更ログ|Clickteam 公式サイト
http://www.clickteam.jp/download/build-285-6-changes

■今回の更新による注意点
続きを読む CF2.5 ビルド285.8公開

セーブデータを暗号化する

今回は、過去に『Iniオブジェクトでセーブデータを保存する』記事で解説したセーブデータファイルを、改ざんを防ぐために内容を暗号化する方法について解説いたします。

本記事では、暗号化の手順のみを解説します。INIオブジェクトを使ってのセーブファイルの保存・読み込みについては当時の記事をご参照下さい。

Iniオブジェクトでセーブデータを保存する

■サンプルプログラム
今回の講座の内容のサンプルプログラムです。
cf25_blog_2016-05-22_ini_file_aes_encryption

前回の『Iniオブジェクトでセーブデータを保存する』記事で使用したサンプルに暗号化機能を追加したものになります。

続きを読む セーブデータを暗号化する

ユーザーフォーラムを設置

この度、以前から検討しておりました『インディゲームクリエイター Clickteam Fusion 2.5』のユーザーフォーラムを設置いたしました。
『インディゲームクリエイター Clickteam Fusion 2.5』の使用法に関する技術的なご質問を受け付けております。
フォーラムの設置に伴い、従来の『質問箱』での新規ご質問の受付は終了させていただきます。

トピックの作成、返信はどなたでも可能ですが、フォーラムに備わっているファイル添付機能を利用するためにはログインが必要となります。下記のリンクもしくはフォーラム最下部の『メタ情報』にある『登録』からアカウントを作成して頂き、ログインした状態でご利用ください。

※フォーラムをご利用になる上でのお願い
・まず、類似の書き込みが既に存在していないかどうか検索してご確認下さい。
・トピックのタイトルは質問内容を簡潔にしたものを書いて下さい。後々の検索がしやすくなります。

– フォーラム
http://blog.clickteam.jp/forums/

– 登録ページ
http://blog.clickteam.jp/wp-login.php?action=register

コメントにファイル添付機能を追加

※2015-12-25追記:ログインしなくてもファイルを添付可能になりました。
添付された画像のフルサイズ版、及び圧縮ファイル等のダウンロードは、現状管理人のみ可能となっております。添付ファイルへのリンクが張られませんが、異常ではございません。

※2015-12-14追記:ログインしていない状態では添付ボタンが表示されていませんでした。
対応まで今しばらくお待ちください。申し訳ありません。

当ブログのコメント投稿時にファイルを添付できるようになりました。
質問時に症状が発生しているスクリーンショットやファイルを載せて頂けると助かります。

なお、mfaファイルには対応しておりませんので、zipに圧縮して添付してください。
ファイルサイズの上限は4MBまでですので、それ以上のサイズの場合は別所のアップロードサイトをご利用頂きます様お願い申し上げます。

CF2.5 ビルド284.10公開

しばらく前の話ではありますが、CF2.5のビルド284.10へのアップデートが公開されています。
アップデータには本体の更新以外に各種エクスポーターの更新も含まれています。CF2.5の上部メニューの『ヘルプ』→『アップデートを確認』よりアップデートを行ってください。

下記リンクにて本家Clickteamより修正点のリストが発表されています。
http://www.clickteam.com/webftp/files/mmf2/ChangeLogs/284.10.final.txt

日本語訳はこちらです。
– ビルド 284.10 変更ログ|Clickteam 公式サイト
http://www.clickteam.jp/download/build-284-10-changes

■今回の更新による注意点

iOS:プロパティに新たにRetina 5.5用の起動イメージ画像の項目が追加されています。ご確認ください。
以前のバージョンから引き続き作成する場合、本バージョンにて改めて『iOS Xcode プロジェクト』をビルドし直してください。

Windows:サブアプリケーション(.ccn)は以前のバージョンでビルドされたものは互換性がありませんのでビルドし直してください。

物理:『力積を適用』アクションに修正が加えられました。アプリケーションで使用している場合、再調整が必要になります。

HTML5:制限版のHTML5ランタイム(フリー版と同様)が付属するようになりました。

※アップデート前には、ご自身が作成しているアプリケーションのデータファイルのバックアップは忘れずにお取り下さい。